頬のニキビ治し方って?こんな美容液や化粧水を試してみて!

MENU

なかなか治らない頬のニキビに

自宅でできる頬のニキビの治し方

 

比較的皮脂分泌が少ない頬にも、ニキビがいつまでも治らなくて困っている方も少なくありません。

 

そんなニキビの治し方にはどんな方法があるのでしょう?ニキビの治し方を考える前に、まずはその原因を知ることが肝心です。あなたもこんなこと、身に覚えがありませんか?

 

 

頬ニキビの原因を知る

 

頬にできてしまうニキビの原因はさまざまですが、よく言われているものには食生活の乱れやストレスなどがあげられます。また、バリア機能が衰えて肌が乾燥してしまうと、皮膚のターンオーバーも乱れ、ニキビができる原因となってしまいます。

 

さらに、頬や顎といったフェイスラインは、頬杖をついたり何気なく触ってしまったりすることが多い場所なので、肌の表面の油分が取れてしまって乾燥したり、手の雑菌がニキビに付着したりとさらに治りにくくなってしまいます。

 

意外な原因には、肌を清潔にしようとして行っているはずの洗顔も上げられます。ニキビケアのためとはいえ、必要以上の洗顔は逆に肌を乾燥させてしまいニキビの悪化につながってしまいます。

 

頬ニキビの治し方で重要なのは・・

 

以上のことから、頬のニキビの治し方を考えると、生活習慣を見直し、適切な洗顔で肌を清潔な状態にキープしながら、しっかり保湿してあげることが大切だと見えてきます。

 

なかでも、頬ニキビの治し方で重要となるのは、お肌をしっかりと保湿してくれる美容液選びといえるでしょう。

 

 

毎日のニキビケア

大人ニキビの原因となるターンオーバーの乱れは、肌の乾燥が起因していることがわかりました。

 

それでは、ニキビを治すためにはその肌の乾燥を防ぐスキンケアを行わなければいけませんね。

 

乾燥対策と言えば、化粧水で潤いをしっかり与えてあげることですね。でも、その前にやらなくてはいけないことがあります。そう、洗顔です。すでにターンオーバーがうまくいっていないお肌には、先ほどご説明した通り毛穴に老廃物がたまっています。その老廃物をきれいに取り除いてあげなければなりません。

 

それはニキビ菌の温床となることを防ぐだけではなく、潤いを与えてあげる化粧水の浸透を高めるためにも必須です。しかし、その洗顔が重要なことはわかっているという方は多いようですが、その方法が間違っている方も多いようです。

 

それは、ニキビには洗顔で清潔にすることが大事とばかり、石鹸でごしごし洗ってしまう行為です。そのような洗顔をすると、肌に刺激を与えて、肌を守るバリア機能まで傷つけてしまいます。

 

そうなると、肌を乾燥から守ることが出来ずに、ターンオーバーの乱れをさらに呼び起こしてしまいます。

 

洗顔はニキビケアにとって非常に大事なことですが、その方法としてはお化粧や、毛穴のつまりの汚れを優しく落とすこと以上の過剰洗浄には注意が必要です。

 

石鹸は、油分や合成界面活性剤の含まれていないものを選び、優しく汚れを落とし、きちんとすすいで上げた後、清潔なタオルを使って、顔を押さえるように水分を取ってあげましょう。

 

 

 

洗顔が終了したら、すぐに保湿力の高い化粧水で、お肌に潤いを与えます。洗顔から保湿の間にあまり時間が空いてしまうと、肌が乾燥してしまうので、洗顔がお泡ったら3分以内には化粧水をつけてあげるように心がけてくださいね。

 

また、しっかりと潤いを与えてあげるために、一般の化粧水よりも、ニキビ専用の化粧水や、美容成分の入ったニキビ専用の美容液などをお使いになればより効果的でしょう。

 

今まで、一生懸命にお手入れしていたのになかなかニキビが治らなかったという人も、あと一歩のスキンケアが必要だったかもしれません。

 

洗顔から保湿は、女性なら多くの方が行っている一連のスキンケアですが、ニキビを治すためには、より優しく、より潤うスキンケアを行うことを心がけることが大切です。

頬にできた大人ニキビの治し方

体の内側からも対策を

 

大人ニキビと思春期ニキビは、同じニキビといっても、原因やスキンケアの方法が違います。思春期ニキビは、洗顔によって、比較的早く消すことが出来たはずです。それに比べ大人ニキビは、なかなか治らないことが多く、繰り返しできるのが特徴です。

 

これは、皮脂の過剰分泌が主な原因ではないためです。ですから、洗顔をし過ぎると肌荒れを起こしかえって悪化させてしまうわけです。皮膚科での薬による治療という方法もありますが、まずは、自力での改善対策を考えてみましょう。

 

お肌のターンオーバーを正常に保つには、質の良い睡眠や健康的な食生活などが大切です。またストレスをためないようにするなど、生活習慣の見直しをしてみてください。

 

肌ケアのための美容液だけに頼るだけではなく、そういった内側からの対策を同時に意識して行っていくことで、より相乗効果が見込めます。